スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

思い出の夏 撮影:大沢成二

ohsawa_08_01.jpg

日の丸を背負って
種子島から昇った朝日を背負って一艘のヨットが凪の海に浮いていた。そこへ向け、日の丸を背負ったカヌーがゆっくりと近づいてゆく。僕は慌てて車を止め、カメラに望遠ズームをつけるとその風景をフレームに収めて切り取った。

ニコンD7000 / APO 150-500mm F5-6.3 DG OS HSM / f8.0 AE(+0.5) 1/350秒 / ISO100 /WB太陽光 / RAW / カラーモード:風景 / 屋久島町志戸子 /'12年7月4日5時27分 / 晴れ




ohsawa_08_02.jpg

波間に
東部海岸で、波間に浮かぶアオウミガメを狙った。マリンブルーの海に向かってじっと目を凝らす。海中からゆらゆらと茶色い物体が浮かび上がってくるのが見える。すかざずカメラを向けてシャッターを切った。

ニコンD7000 / APO 150-500mm F5-6.3 DG OS HSM / f6.3 AE(-1.0) 1/350秒 / ISO800 /WB太陽光 / RAW / カラーモード:風景 / CPL/ 三脚 / 屋久島町東部海岸 /'12年7月16日13時18分 / 晴れ




ohsawa_08_03.jpg

早朝の出合い
ある日の朝、永田の浜で産卵を終えようとしているウミガメに出合った。東の空はいままさに夜が明けんとし、オレンジ色に染まり始めている。こうした出合いの瞬間は、一生のうちそう何度もあることではない。感謝してシャッターを切った。

ニコンD700 / AF-S NIKKOR 24-70mm F2.8G ED / f2.8 AE(-1.0) 1/250秒 / ISO1600 /WB太陽光 / RAW / カラーモード:風景 / 屋久島町永田 /'12年7月3日5時8分 / 晴れ




ohsawa_08_04.jpg

浪打際にて
永田の浜、波打ち際にアオスジアゲハが留まっていた。給水の目的なのか?それとも塩分の補給なのか?僕が近づくとアゲハはパッと飛び立ちその先にまた降りて留まる。徐々に距離を詰めながらまた一カット。

ニコンD700 / AF-S NIKKOR 70-200mm F2.8G ED VR II / f2.8 AE(-1.0) 1/1000秒 / ISO200 /WB太陽光 / RAW / カラーモード:風景 / 屋久島町永田 /'12年7月3日7時45分 / 晴れ




ohsawa_08_05.jpg

見送り
港は出逢いと別れの場所。出航してゆくフェリー屋久島2に向け、大きく手を振っている人を見かけた。見送られる人もまた、フェリーのデッキから一生懸命手を振る。屋久島の前山がそれを見下ろしていた。

ニコン1 V1/ 1 NIKKOR VR 10-30mm f/3.5-5.6 / f5.6 AE(-0.3) 1/800秒 / ISO100 /WB太陽光 / RAW / カラーモード:風景 / 屋久島町宮之浦 /'12年5月6日13時17分 / 晴れ
スポンサーサイト

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://89pc.blog.fc2.com/tb.php/34-d4578148

Comment

Post Your Comment

コメント:登録フォーム
公開設定

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。