スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

萌色のパレット 撮影:大沢成二



黄色い山肌

毎年この時期になると神之川林道へ照葉樹の撮影に来る。里地に近い場所でまとまった面積の森の芽吹きを撮影できる場所だ。午後の黄色い光が照らし、森全体が黄色味を帯びている。印象的な部分だけを望遠ズームで切り取ってみた。

ニコンD7000 / AF-S 70-200ミリ F2.8G VR II / f8.0 AE(-0.5) 1/90秒 / ISO400 /WB太陽光 / RAW / カラーモード:風景 / CPL/ 三脚 / 屋久島町神之川林道 /'12年4月9日16時06分 / 晴れ




ohsawa_0602.jpg

溢れ出る緑

ヤクスギランド線を下りながら、照葉樹の芽吹きの印象的な部分を探し、その一部分を望遠ズームで切り取ってみた。午後の日差しで少しもやっていたので、CPLを使いコントラストをあげ、カチッとした画像に仕上げてみた。

ニコンD7000 / AF-S 70-200ミリ F2.8G VR II / f8.0 AE(-0.5) 1/90秒 / ISO400 /WB太陽光 / RAW / カラーモード:風景 / CPL/ 三脚 / 屋久島町ヤクスギランド線 /'12年5月17日15時20分 / 晴れ




ohsawa_0603.jpg

萌える樹冠

西部林道を走りながら、日差しを受けて黄色く輝く照葉樹の樹冠をみつけて車を止めた。方向を考えながら、背景の抜けが青空になるように調整し、アングルを決めてシャッターを切った。

ニコンD7000 / AF-S 70-200ミリ F2.8G VR II / f8.0 AE(-0.5) 1/125秒 / ISO200 /WB太陽光 / RAW / カラーモード:風景 / CPL/ 三脚 / 屋久島町西部 /'12年5月9日11時57分 / 晴れ



ohsawa_0604.jpg

シダの衣

屋久島らしい萌色として、樹の幹にびっしりと張り付いたコケシノブが雨に濡れて輝いている風景を切り取ってみた。背景を整理するために明るい望遠ズームを使い、解放F値で撮影している。緑の色を際立たせるためにCPLを用いた。

ニコンD7000 / AF-S 70-200ミリ F2.8G VR II / f2.8 AE(-1.0) 1/8秒 / ISO200 /WB太陽光 / RAW / カラーモード:風景 / CPL / 三脚 / 屋久島町県道白谷雲水峡 /'12年6月6日16時51分 / 雨



ohsawa_0605.jpg

波打ち際から

屋久島西部の世界遺産に登録された森。波打ち際からモコモコとした照葉樹林の芽吹きが立ち上がる。アングルを求めて崖地をよじ登り、わずかな隙間から手持ちで撮影した。海面反射を抑えるためCPLを使っているので、手ブレを警戒して息を止めて撮った。

ニコンD7000 / AF-S DX NIKKOR 18-105mm f/3.5-5.6G ED VR / f5.6 AE(-0.5) 1/90秒 / ISO400 /WB太陽光 / RAW / カラーモード:風景 / CPL / 屋久島町西部 /'12年6月7日6時30分 / 曇り
スポンサーサイト

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://89pc.blog.fc2.com/tb.php/30-2e2554cd

Comment

Post Your Comment

コメント:登録フォーム
公開設定

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。